市光工業は、東日本大震災の影響で今後の売上げ低迷が予想されるため、早期退職優遇制度を実施すると発表した。

同社では、厳しい経済環境下、売上の向上と収益の確保に向けて経費節減や役員報酬カット、管理職の給与カットなど、リストラを進めてきた。しかし、震災の影響で売上減少に加え、今後も売上の落ち込みが予測されるため、更なる経営体質強化を図り、国内・海外でも競争力を向上させて収益を改善するため、やむを得ず人員のリストラに着手するとしている。

早期希望退職者の募集は、正社員を対象に約130人程度。募集期間は6月20日から7月4日まで。希望者には、会社都合扱いの退職金に加え、特別加算金を支給する。また、希望者には再就職支援会社を通じて再就職を支援する。