トヨタ プリウスα《撮影 宮崎壮人》

トヨタ自動車は27日、一部報道で「トヨタの生産計画は6月には9割まで回復する」と取り上げられたことに対し、「トヨタとしてそのような内容を発表した事実はない」とこれを否定した。報道向けイベントの中で同日、コメントを発表した。

東日本大震災により工場や部品サプライヤーが被災したことを受け、トヨタの国内生産は5割程度の稼働となっている。4月22日に豊田章男社長は生産正常化に向けた見通しについて、「国内は7月頃、海外は8月頃から順次回復」と公表していたが、5月11日の決算会見では「国内、海外とも6月には7割程度まで回復する」と、計画の前倒しを明らかにした。

一部報道では今回、さらに当初の計画よりも早く部品の安定調達が可能になったため、として「6月には9割まで回復する」と取り上げられた。がトヨタはこれについて否定。

トヨタ広報は、「現在のところ、6月に7割程度まで回復する、という見通しがあるのみ。それ以降については、関係各社の状況を調査し検討して行く。平常化は11月の見通し」とした上で、「早期回復に向けて努力している」と述べた。

トヨタ自動車堤工場資料画像 トヨタ自動車堤工場資料画像 アルファード350S“Prime Selection II - type GOLD II -” 《撮影 宮崎壮人》 ヴェルファイア3.5Z“PLATINUMセレクションII - TYPE GOLD II -” 《撮影 宮崎壮人》 ラクティス《撮影 宮崎壮人》