ゼンリンが提供するサイクリングロードのデータの表示画面

ゼンリンは、サイクリングロードのデータ提供を開始すると発表した。第1弾としてソニーが6月25日に発売するパーソナルナビゲーションシステムnav-u(ナブ・ユー)『NV-U37』にデータを提供する。

提供するデータは、江戸川自転車道、瀬戸内海横断自転車道、多摩湖自転車道など、国土交通省が定める大規模自転車道9路線に、多摩川サイクリングロード、花見川サイクリングロードの2路線を加えた合計11路線で、総延長約470kmのルート探索用データ・検索データ。これらのデータを提供することで、自転車ルートを優先したルート探索やサイクリングロードの検索が可能となる。

同社では、2012年度には、大規模自転車道にその他2路線を加えた約130路線、総延長約4000kmのルート探索用データやサイクリングターミナル、休憩ポイントなどのサイクリング関連施設の検索データを収集し、提供する予定。

ゼンリンが提供するサイクリングロードのデータの表示画面