F1モナコGP(2010年)《写真 レッドブル》

すでに初日のフリー走行を終えたF1モナコGP。

そのコースの特徴でもあるトンネル内の走行時にDRS使用を禁止することをFIAが決定した。FIAの安全担当であるチャーリー・ホワイティングがスペインGPでドライバーと意見交換した際、大半が「トンネル内でのDRS使用は危険すぎる」との意見があり、ドライバーの意見が尊重されるかたちで運用ルールが決められた。

ベテランのルーベンス・バリチェロはFIAの判断を支持。「とにかく狭いコースだし、過去にもトンネル内でオーバーテイクを試みてクラッシュしたケースが何度もあった。禁止にして正解だよ」と評価。

逆に全ドライバーのなかでトンネル内でもDRSの使用に賛成だったのは、ミハエル・シューマッハとルイス・ハミルトンの2人だけだったと伝えられている。

小林可夢偉、F1モナコGP(2010年)《写真 ザウバー》 F1モナコGP(2010年)《写真 レッドブル》 小林可夢偉、F1モナコGP(2010年)《写真 ザウバー》 トンネル内DRSの使用に賛成だったと伝えられているミハエル・シューマッハ(参考画像) トンネル内DRSの使用に賛成だったと伝えられているルイス・ハミルトン(参考画像) トンネル内DRSの使用禁止を評価したルーベンス・バリチェロ(参考画像)