GMはシボレーマリブの生産に向け、ハムトラミック工場に6900万ドルを投資、従業員を約3倍に増強する。

ゼネラルモーターズ(GM)は、シボレーの新型『マリブ』、新型『インパラ』をデトロイト・ハムトラミック工場で生産するため、6900万ドルを投資すると発表した。

生産能力を増強するため、従業員を新たに2500人雇用する。同工場では現在、レンジエクステンデッドEVの『ボルト』を生産しており、従業員数は現在約1100人だが、約3倍に増強する。

今回の投資は、5月10日に発表した8つの州にある17工場に20億ドルを投じて4000人を雇用する計画の一環。

新型マリブはシボレー初のグローバル中型セダンで、2012年に米国に投入するほか、中国や韓国を含め100か国以上で販売する予定。

シボレー マリブ 新型(ニューヨークモーターショー11) シボレー マリブ 新型(ニューヨークモーターショー11) シボレー マリブ 新型(ニューヨークモーターショー11) GMハムトラミック工場 GMハムトラミック工場 GMハムトラミック工場