フォード・エクスプローラー新型《撮影 トヨサキジュン》

フォード・ジャパン・リミテッドは新型『エクスプローラー』を24日発表、同日より予約受注を開始した。発表会に出席した木下洋マーケティング部ディレクターは「今回のエクスプローラーの一番の変化は、ボディ構造にある」と語った。

新型エクスプローラーは、燃費性能の向上、温室効果ガスの低減を目標に、軽量化とNVH性能の向上を計る、シリーズ初となるユニボディを採用。

また車体は、60%に高張力鋼板ないし超高張力鋼板を使用した。エンジンフードにはアルミニウムを使用し、7.7kgの軽量化を達成した。他にもボロンを含有したスチールをフロントバンパーに採用し、従来より15%薄く、軽量化した。

軽量化とSUVに求められる強靭なボディを採用しながら、従来モデルに比べ185kg、約20%の軽量化を実現している。全体総重量は2045kg(米国仕様車)となっている。

フォード・エクスプローラー新型《撮影 トヨサキジュン》 フォード・エクスプローラー新型《撮影 トヨサキジュン》 フォード・エクスプローラー新型《撮影 トヨサキジュン》 フォード・エクスプローラー新型《撮影 トヨサキジュン》 フォード・エクスプローラー新型(デトロイトモーターショー11)