ホンダ インドに新設する第3工場で生産される予定のCBトゥイスター

ホンダは5月26日、インドの二輪車生産・販売子会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(HMSI)が、インド二輪車市場の需要拡大に対応するため、建設中の第2工場の生産能力増強と、第3工場の新設を決定した。

HMSIは現在、インドの二輪車需要の拡大に対応するため、デリー中心部から約90km離れたラジャスタン州タプカラ工業地域に第2工場を建設している。当初、年間60万台を生産する工場として2011年7月に稼働する予定だった。

今回、想定以上にインドの二輪車需要が拡大しているため、生産能力をさらに60万台増やし、2012年3月に年間生産能力を120万台にする。第2工場では、第1工場で培ってきた生産技術をベースに、最先端の自動化技術を導入、従業員の負荷低減を図る。生産エネルギーの削減や水のリサイクルなども積極的に展開する。

さらに、第3工場をインド南部のカルナータカ州バンガロール地域に建設する。新工場は2013年前半に稼働する計画で生産能力は年間120万台の予定。

第2工場、第3工場ともにスクーター『Activa』、モーターサイクル『CBトゥイスター/CBシャイン』を生産する。

今回の生産能力拡大により、HMSIの年間生産能力は既存の第1工場の160万台に加え、第2工場の120万台、第3工場の120万台を合わせて計400万台となる。

インドの二輪車市場は、中国に次ぐ世界第2位の規模で、2010年の販売台数は前年比30%増の1132万台と拡大している。

HMSIは、1999年にホンダが100%出資する子会社として設立し、2001年から生産を開始した。2010年の販売実績は、同40%増の152万6000台で、10年連続で過去最高を更新している。

ホンダ インドに新設する第3工場で生産される予定のCBトゥイスター ホンダ インドに新設する第3工場で生産される予定のActiva