日産 リーフ ユーロNCAPの衝突安全テスト キャプチャ

ユーロNCAPコンソーシアムは25日、日産『リーフ』の衝突安全テストの結果を明らかにした。EVとして初めて、最高評価の5つ星に輝いている。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセットが64km/h、側面が50km/h、ポール衝突が29km/h、歩行者衝突が40km/hで実施。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で行う衝突テストだ。

またユーロNCAPは、2009年2月から新評価システムを導入。評価の割合に応じたポイント配分システムを採用した。最重要視される「成人乗員保護性能」には、ポイントの50%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」には各20%、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置の有無」には10%を配分する。最高評価の5つ星を獲得するためには、総合評価が90ポイント以上必要とされる。

リーフのテスト結果を検証すると、成人乗員保護性能が32点、子ども乗員保護性能が40点、歩行者保護性能は23点、安全補助装置の有無が6点。この結果、リーフの合計ポイントは101点となり、総合評価で5つ星に輝いた。

ユーロNCAPの衝突テストで、EVが5つ星を得たのは、今回が初。ユーロNCAPのMichiel van Ratingen氏は「日産リーフは、EVでも既存の車と変わらない衝突安全性が実現できることを証明した。リーフが今後、欧州市場へ導入されるこの種の車の安全面における基準となるだろう」とコメントしている。

日産 リーフ ユーロNCAPの衝突安全テスト キャプチャ 日産 リーフ ユーロNCAPの衝突安全テスト キャプチャ 日産 リーフ ユーロNCAPの衝突安全テスト キャプチャ 日産 リーフ ユーロNCAPの衝突安全テスト キャプチャ 日産 リーフ