大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線

エアバスの総2階建て大型旅客機「A380」の大韓航空向け1号機が24日、フランス、ツールーズのエアバス工場で大韓航空に引き渡された。6月中旬からソウル〜成田線に就航する予定だ。

大韓航空向けA380の1号機は旅客定員407人乗り仕様。ファーストクラス12人、ビジネスクラス94人、エコノミークラス301人の3クラスで、アッパーデッキはビジネスクラスのみ、メインデッキにファーストクラスとエコノミークラスが配置される。客室後方には「免税品ショーケース」が設置され、これはA380では初めて。

A380を導入する航空会社は6社目。大韓航空は2011年末までに5機を導入、2014年末までにさらに5機を導入する予定だ。大韓航空ではA380を最初にソウル〜アジア線に投入、ついで北米、ヨーロッパ方面のノンストップ長距離運用に就役させる。

大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線 大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線 大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線 大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線 大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線 大韓航空にエアバスA380…6月からソウル-成田線