あいおいニッセイ同和損害保険とアドリック損害保険は25日、両社の合併認可を金融庁から取得したと発表した。これにより6月1日の両社合併に向けた法的手続きが全て完了したとしている。

両社は3月、あいおいニッセイ同和を存続会社としてアドリックを吸収合併することを決めた。アドリックの事業基盤と経営資源をあいおいニッセイ同和に引き継ぐことで、合併会社の持続的成長と企業価値向上を図るのが狙い。

合併にあたり、あいおいニッセイ同和はアドリックの親会社であるアドバンスクリエイトに対し、アドバンスクリエイトが保有するアドリック株式数2万5030株に対し約4億を支払う。新会社の資本金は1000億円で、総資産3兆3664億円、正味収入保険料は1兆0973億円となる。