日立製作所は、東京電力、東北電力の電力供給区域内での今夏の節電施策としてグループで輪番休業を導入すると発表した。

今後、労働組合との協議を含め所要の手続きを行い、実施に向けて準備する。

同社グループでは、東京電力管内、東北電力管内で使用最大電力の15%以上の削減に取り組む方針。このため、7〜9月に東京電力管内、東北電力管内の就業日の調整を実施、夏期の平日電力使用量の平準化を進める。

具体的には所定休日を土曜日、日曜日から、原則、月曜日から金曜日までの間でグループで輪番制とし、休日を分散化する。

また例年、8月15日前後に設定していた夏期休暇を事業グループ単位で分散する。さらに、7〜9月の期間内に10月以降の祝日を振り替え、5日間前後休日を追加する。

このほか、5月から「日立グループ夏期節電運動」を展開し、照明の一部消灯、空調の設定温度変更、エレベーターの一部稼動停止、クールビスの適用期間の拡大といった節電施策を推進する。

製造拠点では、生産の平準化や効率向上を図り、生産ラインの電力使用量の平準化と低減を進める。室温の低減につながるグリーンカーテンも、工場・支社・研修所などの約200拠点で実施し、従業員にもゴーヤの種を配布するなど、積極的に推進する。