アバルトのレース車両 ABARTH 500 ASSETTO CORSE

MINI、そしてフォルクスワーゲンと相次ぐ新メーカーの参戦発表で盛り上がりを見せるWRC(世界ラリー選手権)。そのWRCに、新たなメーカーが名乗り出るかもしれない。

これはイタリアのアバルト専門サイト『La Picadura Del Escorpion』が伝えているもの。同サイトによると、フィアットは2013年もしくは2014年から、アバルトブランドによるWRC参戦を計画しているという。

アバルトは1970年代にWRCで活躍。1973-75年にかけては『アバルト124ラリー』がWRCのコンストラクターズ部門において、3年連続2位という結果を残した。1976年には、後継車の『アバルト131ラリー』を投入。1977-78年には、2年連続でWRCのタイトルを獲得している。

アバルトのWRC参戦計画が事実なら、久々の復活となるわけだが、同サイトによると、アバルトがWRC参戦を計画しているのは、MINIの存在が大きいという。WRCでMINIを打ち負かすことが、アバルトの顧客に対する最大のアピールになるというのだ。

気になるのは、アバルトがどの車両でWRCにエントリーするかという点。同サイトは、「次期『プントアバルト』がベース車両ではないか」とレポートしている。

アバルトのレース車両 ABARTH 500 ASSETTO CORSE アバルトのレース車両 ABARTH 500 ASSETTO CORSE アバルトのレース車両 ABARTH GRANDE PUNTO S2000 アバルトのレース車両 ABARTH GRANDE PUNTO S2000 アバルトのレース車両 ABARTH GRANDE PUNTO S2000 MINIクロスオーバーWRC MINIクロスオーバーWRC MINIクロスオーバーWRC MINI WRC(パリモーターショー10) MINI WRC(パリモーターショー10) La Picadura del Escorpion アバルト124ラリー資料画像 アバルト131ラリー資料画像