フォード・ジャパン、ティム・タッカー社長《撮影 小松哲也》

フォード・ジャパンのティム・タッカー社長は24日、ハイブリッドカーや電気自動車の日本市場への導入について「プラン自体はある」ことを明らかにした。タッカー社長は同日、都内で開いた新型『エクスプローラ-』の発表会で語った。

タッカー社長は「今後もっともっと新しいエキサイティングな、そしてハイテクの高い技術を搭載した商品を近い将来どんどん日本に導入していく。ただ、どの商品、どの車種を投入するかは、この場で言うことはできない」と述べた。

タッカー社長によると「米フォード・モーターは北米、欧州を中心に合計5車種の電気自動車、ハイブリッドカー、プラグインハイブリットカーを世界の多くの市場で2012年までに導入していく」という。タッカー社長は「フォードのハイブリッドカー導入プランを聞いてもらえれば、日本でどのような可能性があるのかというようなことが、わかってもらえると思う」と強調した。

新型エクスプローラー発表会《撮影 小松哲也》 フォーカスEV資料画像 トランジット・コネクトEV資料画像 フュージョンHV資料画像 エスケープHV資料画像