多賀城駅前のタクシー乗り場《撮影 土屋篤司》

国土交通省は、全国のバス事業者・タクシー事業者から被災地に対して、バス397台、タクシー128台を被災地向けに提供する申し出があったと発表した。

震災ではバス事業者・タクシー事業者が車両の滅失・流失などで甚大な被害を受けている。被害車両は、貸し切りやコミニティバスを含むバスが196台、タクシー511台にのぼる。

業界団体の日本バス協会、全国乗用自動車連合会が被災地支援を呼びかけたところ、全国のバス事業者・タクシー事業者からバス397台、タクシー128台を被災地向けに提供する申し出があった。

同省では、これらの車両の具体的な提供先について、関係者間で調整するとしている。

津波に襲われた宮城野区の2525タクシー《撮影 土屋篤司》 仙台市内を走る仙台中央タクシー《撮影 土屋篤司》 JRバス関東(新宿ターミナル)《撮影 土屋篤司》 JRバス関東(新宿ターミナル)《撮影 土屋篤司》 落ち着きつつあるJRバス関東新宿ターミナル《撮影 土屋篤司》