MINIはウィーンで開催されたエイズ撲滅イベントで、ファッションブランドとコラボレーションしたモデルを公開

BMWグループのMINIは21日、オーストリア・ウィーンで開幕した欧州最大のエイズ撲滅イベント、「ライフボール」において、ワンオフ『MINI』を初公開した。

このワンオフモデルは、ハッチバックの「クーパーS」がベース。イタリアのファッションブランド、『DSQUARED2』(ディースクエアード)を立ち上げたカナダ出身の双子の兄弟、ディーン・カートン氏とダン・カートン氏が、個性的なMINIを完成させた。

車名は赤いボディカラーにちなんで、「Red Mudder」。バンパーガードやラリー用ライト、テールゲートにはスペアタイヤが追加され、オフロードテイストの強いモデルに仕上げられている。

また車高を引き上げ、ワイドなオールテレーンタイヤを装着。サイドドアやレザーシートのヘッドレストには、同ブランドのロゴマークが添えられた。

ライフボールは2011年で19回目。MINIは2001年からライフボールに協賛しており、MINIの特別モデルを製作。イベント終了後、チャリティオークションに出品し、その収益をエイズ撲滅基金に寄付している。

MINI Red Mudder MINI Red Mudder ファッションブランドDSQUAREDのカートン兄弟 MINI Red Mudder