ホンダはさいたま市と連携し、EVやコジェネを核とした「スマートホーム」の実証実験をおこなう。伊東社長(左)と清水さいたま市長(右)《撮影 宮崎壮人》

ホンダとさいたま市が23日に協定を結んだ電動車両などの実証実験では、将来のスマートグリッド(次世代送電網)にも対応する「スマートホーム」が注目される。

ホンダの太陽光発電装置やコージェネレーション(熱電併給)ユニットにEV(電気自動車)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車両を組み合わせ、家庭単位でエネルギーマネジメントの効率化を図るものだ。

実験用の住宅は来春、同市内に建設し、ホンダの従業員が家族(4人を想定)ぐるみで実際に住み、検証を進める。さいたま市は用地の提供などで協力する方針だ。

同日、さいたま市役所で記者会見した伊東孝紳社長は、「太陽光発電システムなど個々の製品は単品で販売してきたが、これからはそれらを組み合わせ、家庭単位での自立した電力供給のマネジメントやCO2削減を実証したい」と述べ、今回の実験への期待を表明した。

実験では2015年までに車両を含む家庭からのCO2(二酸化炭素)排出量を00年比で半減させることを目指す。

ホンダ・スマートハウスのイメージ《撮影 宮崎壮人》 清水市長(左)と伊東社長(右)《撮影 宮崎壮人》 清水市長(左)と伊東社長(右)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ伊東社長、「スマートホーム」で自立した電力供給を検証《撮影 宮崎壮人》 ホンダ伊東社長、「スマートホーム」で自立した電力供給を検証《撮影 宮崎壮人》