ベントレー コンチネンタルGT

ベントレーは20日、2011年1〜4月の中国新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、今年1〜4月実績は、2010年の記録を上回る過去最高の396台。前年同月比は66%増と大きく伸びた。

396台の販売台数は、初めてベントレーの地元、英国の実績を超えるもの。『コンチネンタルGT』と『ミュルザンヌ』の2つの新型車が、好調なセールスの立役者だ。これで中国が、ベントレーにとって米国に次ぐ世界第2位の市場となった。

ベントレーは年内に、中国内のディーラーネットワークを3倍へ増やす計画。また2011年は、2010年実績の約2倍に当たる1500台の販売を目指す。

同社のAlasdair Stewart取締役は、「4月の上海モーターショーの会場では、50台ものベントレーが売れた」と明かし、現地の旺盛な需要に驚きを隠せない様子だ。

ベントレー コンチネンタルGT ベントレー コンチネンタルGT ベントレー コンチネンタルGT ベントレー コンチネンタルGT ベントレー コンチネンタルGT ベントレー ミュルザンヌ(バンコクモーターショー11) ベントレー ミュルザンヌ(バンコクモーターショー11) ベントレー ミュルザンヌ(バンコクモーターショー11) ベントレー ミュルザンヌ(バンコクモーターショー11) ベントレー ミュルザンヌ ベントレー ミュルザンヌ