ホンダはさいたま市と連携し、EVやコジェネを核とした「スマートホーム」の実証実験をおこなう。伊東社長(左)と清水さいたま市長(右)《撮影 宮崎壮人》

ホンダは5月23日、さいたま市が進める「E-KIZUNAプロジェクト」を共同で推進していくことで合意した。

プロジェクトでは、実際の都市環境下で電気自動車やプラグインハイブリッド車、電動二輪車の実用性を検証するのに加え、ホンダのエネルギー創出技術を組み合わせた実証実験を行う。

今回の推進合意で具体的には、さいたま市内にホンダが独自開発したガスエンジンコージェネレーションユニットや太陽光発電システムなどを組み合わせた「ホンダ・スマートホームシステム」を導入した家を来年春を目標に建設する。

この家では、外部供給電力に加えて、同システムで作られた電力や熱エネルギーを家庭内や電動化モビリティーを含め効率よくマネジメントすることで、日常生活でのCO2低減を目指すモデルとなる。災害時は、家庭単位で自立した電力供給が可能な総合的なエネルギーマネジメントを検証する。

ホンダは埼玉県庁にソーラー水素ステーションを整備するなど、県との協力関係を構築してきたが、EVの浸透を目指すさいたま市とも連携を強化する。

スマートホームシステムイメージ フィットEV(上海モーターショー11)イメージ EV-neoイメージ モンパルイメージ 太陽電池イメージ コージェネイメージ 伊東社長(左)と清水さいたま市長(右)イメージ 5月18日におこなわれた調印式《撮影 宮崎壮人》 スマートホームのイメージ《撮影 宮崎壮人》 フィットEVと電動シニアカー《撮影 宮崎壮人》 電動バイクEV-neo《撮影 宮崎壮人》