マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年)

マツダ「787B」は当時のグループCレーシングカー規定に沿って設計されたシャシーに、最大出力700馬力を発生する4ローター・ロータリーエンジンを搭載、マツダとそのレース活動を担当したマツダスピードが共同で開発した。

当時のレース規定により1991年はロータリーエンジンがルマン24時間耐久レースに参戦できる最後の年とされており、マツダチームはあしかけ18年におよぶルマンへの挑戦への末に悲願の総合優勝を達成した。

6月11日から始まる2011年のレースの開始前に、マツダ787Bがデモンストレーション走行を行なう。

マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年)