マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年)

マツダがルマン24耐久時間レースで優勝してから2011年で20周年を迎える。優勝した「787B」はルマンで日本車として、またロータリーエンジン搭載車として初めて優勝した車だ。

1991年6月22日午後4時、第59回レースがスタート、24時間後に787Bが栄光のチェッカーフラッグを受けた。他の2台のロータリーマシンもそれぞれ6位/8位を獲得した。

2011年、マツダは優勝車「787B」をルマンのサルト・サーキットに送り、6月11日から始まるレースの開始前にデモンストレーション走行を行なう。

マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年) マツダ、ルマン24時間耐久レース(1991年)