スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》

ニューヨークモーターショーで初公開され、年内に北米での販売を開始する新型スバル『インプレッサ』。「クラス以上の価値」をコンセプトに、デザイン、室内空間、素材、燃費、走行性能など全面改良を加えた。今回日本で1台のみ公開された新型セダンを写真で紹介する。

エンジンは『フォレスター』にも搭載された2.0リットルNA水平対向エンジン。これに独自開発のCVT「リニアトロニック」を組み合わせる。燃費は米国基準の高速走行で従来の27mpgから36mpg(約15.3km/リットル)と大幅に改善した。駆動方式はもちろんシンメトリカルAWD。軽快かつ安定した走行を楽しむことができる。

セダンのボディサイズは全長4580mm×全幅1740mm×全高1465mm、ホイールベース2645mm。全長、全幅は従来型と同じでホイールベースを25mm延長。さらにAピラーの位置を200mm前方に移動したことで、居住空間の拡大を図った。またAピラーの位置を変更したことで空力性能が向上、三角窓を採用したことで視認性も高めた。全高は10mm低められたが、地上高の変更によるもので室内空間への影響はない。

「スバルらしい真面目さを表現したかった。流行の有機的なデザインにはしたくなかった」(デザイン担当・石井守氏)というエクステリアは、Aピラーの前進と切り詰めたオーバーハングにより、未来的なシルエットを作り上げた。

フロントマスクは、『レガシィ』と共通の「ヘキサゴン(六角形)グリル」と、押し出しの強い「ホークアイ」を採用。曲線で構成されていた従来型と比べ、よりシャープなイメージをまとう。ダイナミックなホイールアーチのデザインもレガシィの流れを受け継いだ。

インテリアの質感向上も新型の目玉だ。ブラックとクリームの2トーンでまとめ上げられた室内は、トーンを押さえ高級感のある仕上がりとした。素材にもこだわり、ダッシュボードやドアトリムにはDセグメントクラスのソフト素材を採用している。

また、今回は公開されなかったが、5ドアハッチバックには「Sport」と呼ばれるグレードを設定する(北米のみ)。ルーフレール、専用17インチホイール、サイドスポイラーなどを装備したスポーティな仕様。「多くの若い人にもアピールしたい」というのが新型インプレッサのねらいだ。

スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 トヨサキジュン》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 宮崎壮人》 スバル インプレッサ 新型 北米仕様《撮影 宮崎壮人》