18日午前11時10分ごろ、東京都八王子市内の中央自動車道上り線で、追突事故を起こしたクルマから降車し、被害状況の確認をしようとした男性が後ろからきた高速バスにはねられて死亡する事故が起きた。

警視庁・高速隊によると、現場は八王子市左入町付近で片側2車線の直線区間。男性が運転する乗用車が前走するトラックに追突。第2車線上で停止し、被害状況を確認するために降車したところ、後ろから進行してきたおんたけ交通が運行する路線高速バス(木曽福島発/新宿行き)にはねられた。

男性は全身を強打したことが原因でまもなく死亡。後の調べで立川市内に在住し、中国籍を持つ42歳の男性と判明している。バスの乗客乗員7人と、トラックの運転者にケガはなかった。

警察では関係者から事情を聞き、事故発生の経緯を詳しく調べている。