ラーダ・グランタ。徹底したコストダウンによりロシアでは64万円で販売される

ロシアから新型コンパクトセダンが登場した。欧州市場へ出荷され、現地における最安車を狙う。

この新型車は、ロシア大手のアフトワズ(AvtoVAZ)社が、欧州など海外市場向けに、ラーダ(LADA)ブランドから発売する『グランタ』(GRANTA)。アフトワズは2010年3月、ルノーと提携を結んだが、その提携効果を生かして開発されたのが、このグランタだ。

グランタの車台は、ルノー『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)がベース。エンジンはガソリンが1.6リットル直列4気筒で、最大出力は80ps、90ps、98psの3種類がラインナップされる。

注目すべきは、その価格だろう。現時点では欧州価格は公表されていないが、ロシアでのベース価格は、21万9000ルーブル(約64万円)。同社は欧州市場における最安値車を狙って、ロシアと同じ価格帯に設定すると見られる。これは徹底したコストダウンの成果だ。

新型グランタは、2011年12月から生産開始。欧州のライバルにとっては、新たな脅威になるかもしれない。

ラーダ・グランタ ラーダ・グランタ