CFMAで生産されているフォードフォーカス(上海モーターショー11)

フォードモーターは19日、中国の重慶市に、同社としては中国初となるトランスミッション工場を建設すると発表した。

これは、フォードモーターの中国合弁会社、長安フォードマツダ(CFMA)が、3億5000万ドル(約286億円)を投資して建設するもの。新工場は2013年に稼働し、6速ATを最大で年間40万基製造する。この6ATは、CFMAで生産されるフォード車に採用される。

フォードアジアパシフィック&アフリカのジョー・ハインリッチ社長は、「今回の投資は中国事業をさらに加速させるために、非常に重要なもの」とコメントした。

フォードモーターは2015年までに、中国市場に15車種を新規投入する計画。今回のトランスミッション工場建設も、この計画と密接な関係を持つ。

上海モーターショー11 CFMAで生産されているフォードモンデオ(上海モーターショー11) CFMA