フェラーリ、ワンオフモデル公開…注文主はNYの不動産王

フェラーリは19日、『スーパーアメリカ45』をイタリア・マラネロで披露した。米国ニューヨーク在住のフェラーリコレクターのために、ワンオフで製作されたモデルだ。

同社は富裕層の要望に応じて、過去に何台かの特別なワンオフモデルを製造してきた。最近では2009年12月、『P540スーパーファストアペルタ』を米国の顧客に納車したのが記憶に新しい。

今回のスーパーアメリカ45は、『599GTBフィオラノ』(日本名:『599』)がベース。米国ニューヨークの不動産王、Peter Kalikow氏がフェラーリ・オーナーになって45周年に当たるのを記念して、オーダーしたモデルである。

注目は599には本来設定のない、電動ハードトップオープン仕様としている点だろう。カーボンファイバー製のハードトップは、電動で回転しながら格納され、オープンカーに変身。これは2005年、『575Mマラネロ』をベースに世界限定599台が生産された『スーパーアメリカ』と同じ機構だ。

またボディカラーは、Blu Antilleと呼ばれる特別色で塗装。フェラーリによると、Peter Kalikow氏が所有する1961年式『400スーパーアメリカカブリオレ』と、コーディネートするためだという。

他にも、ツートン仕上げのアルミホイール、クロームのグリル、専用レザー内装、ダークブルーのカーボンファイバーパネルなど、ワンオフモデルにふさわしい装備が盛り込まれた。

このスーパーアメリカ45は、イタリア・コモ湖畔で20日に開幕するクラシックカーの一大イベント、「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」で一般公開されることになっている。

フェラーリ、ワンオフモデル公開…注文主はNYの不動産王 フェラーリ、ワンオフモデル公開…注文主はNYの不動産王