NKSJホールディングスは19日、2012年3月期の連結純利益が160億円になるとの見通しを発表した。前期は129億円の赤字だった。

一般企業の売上高にあたる正味収入保険料は前期比3.0%増の1兆9920億円を予想。このうち損害保険ジャパンは同1.9%増の1兆2810億円、日本興亜損害保険は同0.2%増の6220億円となる見通し。

保険会社の保険引受費用規模を示す正味支払保険金は損保ジャパンで約1230億円、日本興亜が約720億円をそれぞれ見込んでいる。

また普通株式の4株を1株の割合で併合するとともに、単元株式数を1000株から100株に変更することも合わせて発表した。