仙台空港近辺の住宅街《撮影 土屋篤司》

日本損害保険協会は、東日本大震災で被災した個人への地震保険の支払額が5月18日時点で7582億円になったと発表した。これは1995年に発生した阪神淡路大震災で支払われた地震保険金(783億円)のほぼ10倍に相当する。

支払件数は39万1256件。5月12日時点との比較では支払額、支払件数とも13%増加した。地区別では宮城県が3523億円(支払件数13万1974件)と最も多く、支払額全体に占める割合は46%と12日時点から1ポイント上昇した。

これに茨城県の1044億円(同6万2808件)、福島県の942億円(同4万715件)と続く。18日時点での地震保険支払いに関する調査および、契約内容などの相談・問い合わせの受付件数は、12日時点から5.6%増えて54万9062件になった。

また今回から調査完了件数を公表する事になった。これは調査が完了して保険金を支払った件数のほか、支払に至らなかったケースや、相談・問い合わせで解決した件数を合わせたもので、18日時点で45万4231件となっている。