ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産

アウディAGは、ネッカーズルムで開催した第122回年次総会でジャーナリストに対して電気自動車(EV)アウディ『R8 e-tron』の開発工場の内部を初公開した。

R8 e-tronはアウディ初の電気自動車で、ネッカーズルム工場で生産される。2012年後半には、小規模生産されたR8 e-tronスポーツカーが一般公道を走行する。

クワトロ社が、ネッカーズルム工場のサテライト工場であるハイルブロン・ビベラッハで電気自動車の製作を開始した。ここではミッドエンジンスポーツカー「R8」の量産部門で特に高い技能を持つスタッフの手によってR8 e-tronの組立を開始した。

R8 e-tronには、軽量化のため、アウディの中核技術の一つであるアウディ・スペース・フレーム(ASF)テクノロジーを採用する。アルミニウムで製作されるR8 e-tronのボディ単体重量は200kgをわずかに上回るレベルに抑える。

ネッカーズルムのプリプロダクションセンターとクワトロ社のスタッフは現在、R8 e-tron用の技術プラットフォーム製作に取り組んでいる。

R8 e-tronのアルミニウムボディは現在量産中のR8のボディの生産工程に非常に近い条件下で製造される予定。センタートンネルなど、電気自動車固有のコンポーネントは、ネッカーズルムのプリプロダクションセンターで製作する。ボディは、量産モデルのR8と同一の塗装プロセスを採用する。その後、ハイルブロン・ビベラッハのサテライト工場に搬送、最終組立が行われる。

ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 ビベラッハ工場でのR8 e-tron生産 アウディ R8 e-tron アウディ R8 e-tron アウディ R8 e-tron