ソニー、スマートARを開発…統合型拡張現実技術[動画]

ソニーは19日、拡張現実(AR)技術において、スマートARを開発したと発表した。複数のAR技術を統合し、マーカーレス方式に対応、ダイナミックな3D空間認識・表示を実現する。

スマートARは、2次元バーコード等のマーカーを必要しない「マーカーレスAR」、物体自体を高速認識してカメラの動きに付加情報を高速追従させる「高速・ピッタリAR」、現実の3D空間上に広がりをもって表示できる「3D空間AR」、を統合させた技術。

同技術は、従来から研究開発を進めてきた、写真やポスターなど一般的な物体を認識する「物体認識技術」と、『AIBO』や『QRIO』などのロボット開発で培った、ソニー独自の「3D空間認識技術」を統合することで実現したとしている。

また、スマートフォン等の画面上の仮想情報に直接触れることで情報を取得・操作できる、直感的でシームレスなユーザーインターフェースも実現。同社は今後、“スマートAR”技術の実証実験を行い、広告やゲームなどの様々なサービスやビジネス用途への展開を目指す。

ソニー、スマートARを開発…統合型拡張現実技術[動画] ソニー、スマートARを開発…統合型拡張現実技術[動画] ソニー、スマートARを開発…統合型拡張現実技術[動画] ソニー、スマートARを開発…統合型拡張現実技術[動画] ソニー、スマートARを開発…統合型拡張現実技術[動画]