日産追浜工場資料画像

日本自動車工業会の志賀俊之会長は19日の定例会見で、夏場の電力需給対策として7〜9月の休日を土・日曜から木・金曜日にシフトさせることを正式に決めたと発表した。

事業の一部に2輪車をもつ川崎重工業を除く会員企業全社が全国の工場で夏季の3か月間、休日を平日に移す。部品メーカー団体である日本自動車部品工業会(部工会)も同調する。

政府によるピーク電力の15%抑制規制は、東京電力および東北電力管内となるものの、自動車総連や部工会の要請もあり、自工会は全国規模での休日シフトを実施することとした。

夏季休暇の時期や、一部事務部門などの木・金曜出勤については各社の判断に委ねた。志賀会長は「われわれの生産は7月から徐々に戻して行くことになっている。この時期に計画停電や突発的な大停電は何としても防ぎたい」と、業界ぐるみでの休日シフトの狙いを説明した。

トヨタ堤工場資料画像