VWパサート

フォルクスワーゲングループジャパンは、フォルクスワーゲン(VW)の上級セダン/ワゴンモデル『パサート』『パサートヴァリアント』をモデルチェンジし、5月30日から販売開始する。

7世代目となる新型パサート/パサートヴァリアントは、エクステリアデザインを最新のVWトレンドに一新、インテリアクオリティを高めると同時に、快適性の向上を図った。

パワートレインには、1.4リットルTSIエンジンと7速DSGに、Start/Stopシステム(アイドリングストップ)とブレーキエネルギー回生システムを搭載した「BlueMotion」テクノロジーを全車に搭載することで、ミドルサイズクラスのガソリンエンジン車としてトップレベルの18.4km/リットル(10・15モード燃費)の低燃費を実現した。2005年排出ガス基準75%低減レベル(4つ星)と2010年度燃費基準25%を達成し、エコカー減税75%に適合する。

また、今回VW初の安全装備としてステアリングホイールへの入力などからドライバーの疲労度を検出、ドライバーの集中力の低下をアラーム音と表示で警告する「ドライバー疲労検知システム」を全車に標準装備した。居眠り運転による事故発生を未然に防止する。

価格はパサートTSIコンフォートラインが324万円、パサートTSIハイラインが374万円、パサートヴァリアントTSIコンフォートラインが346万円、パサートヴァリアントTSIハイラインが396万円となっている。全グレードがエコカー減税対象になったことでセダンで約15万5000〜17万1000円、ヴァリアントで約16万2000〜17万8000円の減税となる。

一方、新型パサート/パサートヴァリアント発表に伴ってVWジャパンではVW AG本社が展開している「Think Blueキャンペーン」を国内でも展開する

VWパサート VWパサート VWパサート VWパサート VWパサート VWパサート パサート TSI コンフォートライン パサート TSI ハイライン パサート TSI ハイライン VWパサート パサート TSI ハイライン