石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、5月16日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル当たり151.1円で、前週より1.1円値下がりした。

原油価格が下落しているため、石油元売りが卸価格を引き下げており、これで3週連続で値下がりした。

浜岡原発の停止などで、火力発電所がフル稼働しているのに伴って燃料の需要が急増する見通し。このため、石油製品の増産でガソリンの在庫がタブ付く可能性が高く、早くもガソリン価格は値下がりしている模様。

ハイオクガソリンは1.1円値下がりして161.9円となった。軽油は0.7円値下がりして131.7円だった。

★e燃費(運営:イード)によると、5月16日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は142.32円、ハイオクは152.86円、軽油は122.11円。レギュラー、軽油はそれぞれ約1円ダウン、ハイオクは2円超のダウンとなった。ゴールデンウィーク前の4月27日と比較して、レギュラー、ハイオクが値下がり、軽油は値上がりとなった。

石油情報センターによる平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

全国のガソリン価格平均推移、価格ランキングなどe燃費のデータは、カーライフナビで見ることができる。