ルネサスエレクトロニクスが発表した2011年3月期の連結決算は、当期損益が1150億円の赤字となった。

グループの固定資産の減損損失を361億円、事業構造改善費用を306億円計上したのに加え、東日本大震災の発生で固定資産の修繕費や廃棄損など災害による損失を495億円計上した結果、特別損益が1118億円の損失となったため。

旧NECエレクトロニクスとルネサステクノロジの前年の連結業績を単純合算した最終損益は1378億円の赤字だった。

売上高は1兆1378億円で、営業利益は145億円と順調だった。自動車向けマイコンや、デジタル家電、パソコン向けの半導体が好調だった。経常利益は為替差損や支払利息などの影響で10億円だった。

今期の通期業績見通しは東日本大震災の影響で業績予想が困難なため、公表を見送った。