シボレー・ボルト《撮影 小松哲也》

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)の石井澄人社長は18日、日本で予定している航続距離延長型電気自動車のシボレー『ボルト』の実証走行について、「できるだけ早く始めたい」との考えを示した。

GMジャパンはボルトの日本での販売について未定としているが、石井社長は「この商品がいったいどういうものかを理解してもらうことも非常に大事かなと思っている。そういった観点でも技術的なところと営業的なところをにらんでのデモを日本でこれから進めていきたい」と述べた。

石井社長は「このマーケットで勝負しているものとしては是非入れたいと思っているが、非常にお客さんの要求値も高いし、それだけ競合マーケットなので、そこはバランスになる」と、日本投入に際しては乗り越えるハードルがあることをうかがわせた。

実証走行の詳細について石井社長は「これから詰める」としながらも「デトロイトは釧路くらいの所でアリゾナは沖縄ぐらいなので、そういう意味でいくと、あえて日本で寒い所や暑い所に持っていくというのは終わっているので、むしろ我々の手の届きやすい所で」という考えを示した。

石井社長によるとボルトの「アメリカの販売目標は、生産計画とのからみで今年が1万台以上。来年は50州に(販売地域を)広げることもあって4万5000台に持っていく。海外は今年の後半に中国とヨーロッパに持っていく計画」という。

GMジャパン石井澄人社長≪撮影 小松哲也≫ シボレー・ボルト《撮影 小松哲也》 シボレー・ボルト《資料画像》 シボレー・ボルト《資料画像》 シボレー・ボルト《資料画像》