BMWのメガシティビークル i3 と i8 のデザインコンセプト

BMWの新ブランド、「i」の第1弾として、2013年にデビューするEV、『i3』。同車の詳細が、少しずつ見えてきた。

米国の自動車メディア、『CAR AND DRIVER』が16日に報じたところによると、i3には、最大出力150psを発生するモーターを搭載。最高速は160km/hで、1回の充電で最大160kmを走行できる性能を備えているという。これは同メディアが、BMW関係者から得た情報とのことだ。

さらに興味深いのは、同車の価格設定。同メディアによると、i3は米国では、3万5000ドル(約285万円)のベース価格を掲げるという。日産『リーフ』の現地ベース価格、3万2780ドル(約267万円)に対しても、十分競争力のある設定だ。

同メディアは、「i3は2013年から、ドイツ・ライプツィヒ工場において、年間4万台規模で生産を開始する」と伝えている。

メガシティビークル i3 新ブランド「i」ロゴマーク