ヨロズが発表した2011年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比89.7%増の92億6800万円と大幅増益となった。

売上高は同24.6%増の1022億0600万円と大幅な増収となった。日産自動車の生産が好調で部品の受注が伸びた。日本、北米、アジアで伸びた。

増収とグループあげての合理化効果で経常利益は同94.3%増の91億5900万円となった。当期純利益は同166.2%増の49億0300万円となった。

今期の通期業績見通しは東日本大震災の影響で納入先の生産動向が不透明なため、公表を見送った。