実証実験で使用されているヤマト運輸のミニキャブMiEV。《撮影 宮崎壮人》

ヤマト運輸は、三菱自動車が今年末に発売する予定の軽商用電気自動車(EV)『ミニキャブ・MiEV(ミーブ)』100台を集配業務に使用すると発表した。

ヤマト運輸は低公害集配車両の導入やエコドライブの推進、モーダルシフトの普及など、宅急便事業での環境負荷の削減に注力している。

この一環で2010年10月から東京・羽田地区、2011年1月から宮城県仙台市で、三菱自動車と共同で軽商用EVの試作車を使った集配実証走行試験を行ってきた。

ヤマト運輸は実証実験を踏まえた上で、宅配事業に軽商用EVの実用は可能と判断し、三菱が2011年末に市販する予定の軽商用EVのミニキャブ・ミーブを100台導入することを決めた。

ミニキャブ・ミーブは、ヤマトグループの中核を担う物流ターミナル「羽田クロノゲート」建設にあわせ、集配中のCO2排出ゼロを目指している東京・羽田地区や環境共生型都市・京都の実現を目指す京都市に導入する。

ミニキャブ・ミーブは年末から納車開を始する予定で、2011年度中に30台、2012年度以降に70台を配備する計画。

実証実験で使用されているヤマト運輸のミニキャブMiEV。《撮影 宮崎壮人》 実証実験で使用されているヤマト運輸のミニキャブMiEV。《撮影 宮崎壮人》 実証実験で使用されているヤマト運輸のミニキャブMiEV。《撮影 宮崎壮人》 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 三菱 ミニキャブMiEV 京都嵐山付近を走る三菱ミニキャブMiEV《撮影 杉山淳一》 京都嵐山付近を走る三菱ミニキャブMiEV《撮影 杉山淳一》 京都嵐山付近を走る三菱ミニキャブMiEV《撮影 杉山淳一》 京都嵐山付近を走る三菱ミニキャブMiEV《撮影 杉山淳一》