A7スポーツバックとアウディジャパン大喜多社長(手前)。ラグジュアリーカーの新たな形を提案するという。《撮影 宮崎壮人》

アウディジャパンは、ラグジュアリー4ドアクーペ『A7スポーツバック』を5月17日から販売開始した。クーペの持つスポーティさ、セダンの快適性やプレミアム感、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えた、新世代のクルマを提案する。

A7スポーツバックのエクステリアの最大の特徴は、独立したトランク部分を持たず、ルーフからリアエンドまでを流れるようなデザインとした点だ。さらにスポーツクーペのような低い全高、極限まで切り詰められた前後オーバーハング、引き締まった面構成などにより、従来のモデルにはない新たなラグジュアリーカーのデザインを実現した。

大きな開口部を持つ電動式リアゲートを採用し、ステーションワゴンに匹敵する最大1390リットルのラゲッジスペースを確保している。

インテリアはパーツの細部まで品質を追求した。全体は開放感を演出、ドライバーを包み込む形のラップアラウンドデザインでまとめた。LEDアンビエンスライトが夜間走行時のインテリアを光で演出する。ミラノレザーシート、タッチパッドと電動格納式8インチ大型モニターを備える最新世代のマルチメディアインターフェース、プレミアムサウンドシステムを標準装備する。

エンジンは最高出力300psを発揮するスーパーチャージャー付V型6気筒3.0リットル直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載する。先進のデュアルクラッチトランスミッション「7速Sトロニック」や最新クワトロ(フルタイム4WD)システムなどが高い走行性能を実現する。

さらにスタートストップシステム(アイドリングストップ)、エネルギー回生機構も組み合わせ、環境性能も強化した。

価格は879万円。年間販売計画は1000台。

アウディジャパン大喜多社長は、「A7スポーツバックと同様に、新たなデザインの提案となった『A5スポーツバック』は昨年の登場から1年で、我々の予想を大きく上回る1500台を販売した。A7も日本市場に受け入れてもらえるだろうと期待している」と語った。

アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》 アウディ A7スポーツバック《撮影 宮崎壮人》