日本自動車輸入組合が発表した4月の輸入車中古車登録台数は、前年同月比10.2%減の3万7789台となり、3か月連続でマイナスとなった。

車種別では、乗用車が同10.3%減の3万6062台と落ち込んだ。このうち、普通乗用車が同11.5%減の2万9305台と2ケタのマイナスだった。小型乗用車は同4.7%減の6757台だった。

貨物車は同5.9%減の1153台だった。特殊用途車は同15.0%減の559台だった。

都道府県別では、被災地の宮城が同27.7%増の907台と好調だったが、岩手は同11.4%減の226台、福島が同13.4%減の465台だった。

ブランド別では、メルセデスベンツが同12.3%減の8160台と低迷、BMWが同5.6%減の7111台、フォルクスワーゲンが同8.8%減の5929台、アウディが同5.6%減の1774台と主要モデルは軒並み前年割れとなった。