[オフィス総合展11]DIY感覚の風力発電も登場、価格は21万円

風力発電機もついに自分でつくる時代が到来---。東京ビッグサイトで開催された「オフィス総合展2011」でそう思わせるようなものが登場した。商品名は「DS600」、紹介したのはOTOGINO(本社・大分県日田市)だ。

カナダの会社が開発し、台湾の企業が製造、OTOGINOが日本国内での販売を担当する。「大体半日あれば組み立てることができますので、DIY感覚で日曜大工をするといった感じです」と同社関係者は説明する。

全長928mm、重量は12kg。充電バッテリーは鉛。出力は風速14m/sで600W、TVが2〜3台動かせる電力を供給できる。さて、気になる価格だが21万円(コントローラー、電流計込み)と、それほど高くない。ただ、設置するための台などがついていないので、別途買う必要がある。

「一昨年発売しましたが、これまで月に100台ほどしか売れませんでした。それがこの4月から注文が殺到しています。現在、生産が追いつかない状況で、増産をお願いしているところです。そのほか、1kW、1.5kWの風力発電機も開発中です」と同社関係者は話していた。

[オフィス総合展11]DIY感覚の風力発電も登場、価格は21万円