ボルボXC60

ボルボカーズは12日、2011年第1四半期(1〜3月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、税引き前利益は6億4000万クローナ(約81億円)。前年同期の3億6000万クローナ(約45億円)に対して、78%増の伸びを示した。

大幅増益の要因は、好調な販売やコスト削減努力の結果。第1四半期の世界新車販売台数は10万6827台で、前年同期比13.7%増を達成した。

地域別では、地元の北欧が前年同期比22.9%増。中国は10.5%増、北米は9.1%増、欧州は9.7%増となった。車種別では、『S60』や『V60』、『XC60』などが販売増に貢献した。

ボルボカーズのステファン・ジャコビー社長兼CEOは、「社員全員の努力により、販売の底上げが図られた。確実に利益を生む体質だ」とコメントしている。

ボルボS60 ボルボV60