【スマートフォン&モバイルEXPO】スマホ用クレードルはアプリとのセット販売も検討…ナビタイム

ナビタイムジャパンはこの夏以降に発売予定の「スマートフォン用カーキット」を参考展示。

一見、何の変哲もない車載クレードルだが、「カー用品で並んでいる既存の車載クレードルよりも、シンプルでコンパクトなデザインが特徴で、各種スマートフォンの形状や側面ボタンの配置を考慮した設計としている。吸盤にはゲル状の素材を用いることで多少のシボがあるダッシュボードでも固定できる」(説明員)とのこと。デザインは社内でおこなったということだ。

4月にパイオニアがNTTドコモとともにスマートフォン向けのカーナビ通信サービス「ドライブネット」に対応したGPS/加速度センサー/ジャイロ内蔵の『ナビクレイドル』を発売した。これに対してナビタイムとしては「最近の端末はGPSや加速度センサーなどの性能が上がってきており、一般的な使用であれば単体での利用で十分に実用性が確保できている。またスマートフォンは手軽に使えるのが魅力で、利用者の大多数はライトユーザー。当社のクレードルは設置・取付けのしやすさを考慮してシンプルな設計とした」(説明員)と語る。

また、「どのような形態になるかは分からないが、クレードルとアプリとのセット販売も検討している」とのことで、クレードル購入者に対してアプリ購入に何らかの特典を付与する可能性もあるという。

【スマートフォン&モバイルEXPO】スマホ用クレードルはアプリとのセット販売も検討…ナビタイム 【スマートフォン&モバイルEXPO】スマホ用クレードルはアプリとのセット販売も検討…ナビタイム 【スマートフォン&モバイルEXPO】スマホ用クレードルはアプリとのセット販売も検討…ナビタイム 【スマートフォン&モバイルEXPO】スマホ用クレードルはアプリとのセット販売も検討…ナビタイム 【スマートフォン&モバイルEXPO】スマホ用クレードルはアプリとのセット販売も検討…ナビタイム