10日午後3時50分ごろ、東京都国立市内の市道で、徒歩で横断歩道を渡っていた小学6年生の男児に対し、左折専用レーンを直進してきた乗用車が衝突する事故が起きた。男児は死亡。警察はクルマを運転していた46歳の女を逮捕している。

警視庁・立川署によると、現場は国立市北1丁目付近(JR国立駅前ロータリー)で片側2車線の直線区間。男児は横断歩道を渡り始めた直後、左方向から進行してきた乗用車にはねられたものとみられる。

男児は近くの病院に収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡。警察はクルマを運ん手していた同市内に在住する46歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男児死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

調べに対して女は「前にクルマが止まっていたので、左折レーンから抜いたら子供がいた。発見が遅れた」などと供述しているようだ。