イメージ

10日午前7時ごろ、広島県福山市内の県道を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の歩道に乗り上げ、集団登校中の小学生の列に突っ込む事故が起きた。この事故で児童4人が重軽傷を負っている。

広島県警・福山西署によると、現場は福山市藤江町付近で片側1車線の直線区間。クルマは斜行するようにして対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の歩道に乗り上げ、集団登校していた小学生の列に後方から突っ込んだとみられる。

この事故で小学5年生の男児が全身強打の重傷、小学4年生と6年生の男児、小学5年生の女児が打撲などの軽傷を負い、いずれも近くの病院に収容されている。警察はクルマを運転していた同市内に在住する38歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「ボーッとしていて、事故を起こしたときの様子は覚えていない」などと供述しているようだ。発作の持病があるという情報もあり、警察では事故と病気の関係についても慎重に調べを進めている。