[オフィス総合展11]風力発電がベランダで可能に

「オフィス総合展2011」でひときわ注目を浴びている企業があった。東京都町田市に本社を構えるレディエンスコーポレーションがそれで、来場者の関心の的は風力発電システム。しかもその大きさは扇風機ほどで、ベランダに設置できるという。

「1年ほど前から開発を始めたのですが、余り注目されませんでした。しかし、3月11に東日本大震災を境に脚光を浴びるようになって、最近は電話での問い合わせが殺到しています」と同社関係者は話す。

この風力発電システムは約1.5mの太陽光パネルとセットなっており、発電能力は風力30W、太陽光40Wの計70W。電子レンジや大型冷蔵庫の電力はまかなえないが、部屋の灯りや携帯電話の充電は大丈夫とのこと。価格は工事費込みで約150万円。発売は7月の予定で、現在、予約を受け付けているという。

そのほか、同社は法人向けに少し大型の300W、500W、1kWの風力発電システムも販売する計画だ。「太陽光発電と合わせて、お客様の要望に応じてシステム設計していこうと考えています」

これからは家庭でも屋根で太陽光発電、ベランダで風力発電という時代が近々来るかもしれない。