カーチスホールディングスが発表した2011年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比168.0%増の10億4100万円と大幅増益となった。

売上高は同15.6%増の342億0700万円となった。大都市圏を中心に積極的に出店した結果、営業効率が向上、増収となった。また、自動車関連事業者会員組織「カーチス倶楽部」の募集活動を推進した結果、会員数が1万社を突破し、全国に拡がるカーチス店舗のサテライト的な存在として連携を強化した効果から業者向け中古車販売台数が増加した。

収益では、増収の効果で経常利益は同163.1%増の11億4000万円となった。当期純利益は同807.7%増の6億3400万円となった。

今期の業績見通しは売上高が同2.3%増の350億円、営業利益が同0.8%増の10億5000万円、経常利益が同7.0%減の10億6000万円、当期純利益が同49.8%増の9億5000万円となる見込み。