トヨタ・毛利悟常務役員《撮影 小松哲也》

トヨタ自動車の毛利悟常務役員(国内販売事業本部副本部長)は13日開いた新型車『プリウスα』の発表会で、既存のセダンタイプの『プリウス』について、「4月の受注は前年を超え、引きは強い」ことを明らかにした。

プリウスの4月の国内販売台数は前年同月比82%減の4876台と、軽自動車を含む車名別販売台数では3月の2位から5位にまで順位を落とした。毛利常務役員は「4月の登録については、(東日本大震災の影響で)他の車も一緒に落ちたが、受注については実は意外と良かった」とした上で、「セダンのプリウスも引きは強い。4月の受注は前年を超えて104%」と述べた。

一方、13日に発売したプリウスαの4月末時点の受注2万5000台のうち、既存のプリウスからの乗り換えは「1割位。一番多いのはミニバンの『ウィッシュ』や『イプサム』」(毛利常務役員)という。

また毛利常務役員によると既存のプリウスの納期は「3か月位で、(震災の影響で)他の車種とも変わらない状況」としている。

トヨタ・プリウス《撮影 小松哲也》 トヨタ・プリウスα《撮影 小松哲也》