モンテカルロが発表した2011年3月期の連結決算は、営業損益が1億0600万円の赤字となった。

売上高は前年同期比13.9%減の89億5600万円と減収だった。タイヤ・ホイールは、タイヤ専門館の寄与、冬期の降雪と期末にかけての値上げ前の駆け込み需要で、本数・金額ともに前年を上回った。しかし、タイヤ専門館でのカーエレクトロニクス商品の販売縮小、ETC特需の反動減、ナビゲーションの販売単価低下など、カーエレクトロニクス商品が大きく落ち込み、中古用品販売部門縮小による中古商品の減少も影響した。

卸売事業はカースポーツ用品が落ち込んだ。フランチャイズ事業ではカーエレクトロニクス商品が減少し減収となった。

減収の影響で経常損益は1億6700万円の赤字、最終損益は事業再構築に向けた店舗閉店損失などを計上、2億8000万円の赤字となった。

今期の通期業績見通しは売上高が同11.3%減の79億4100万円、営業利益が1億7500万円、経常利益が1億1000万円、最終利益が8800万円と黒字化する見通し。