イエローハットが発表した2011年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比86.8%増の44億1400万円と大幅増益となった。

売上高は各種営業施策の実施や既存店の収益力強化、出店拡大によるの効果で、同4.7%増の948億9200万円と増収だった。

収益では、直営店舗の譲渡による設備費、人件費の削減効果で販売費・一般管理費が減少、経常利益は同74.5%増の51億9100万円となった。

最終利益は同76.5%増の29億1000万円だった。

今期の連結業績見通しは、売上高が同5.4%増の1000億2100万円、営業利益が同2.8%増の45億3600万円、経常利益が同2.3%増の53億1200万円、当期純利益が同2.2%増の29億7400万円を見込む。