プリウスαの4月からの事前受注は、既に2万5000台に達しているという。

トヨタ自動車は13日、ミニバンタイプの新モデル『プリウスα』を発売した。同日、都内で記者会見した国内営業担当の毛利悟常務役員は、4月末までの事前受注が2万5000台に達したと明らかにした。

国内での販売計画は3000台で、このうち5人乗りの2列シート車が2000台、7人乗りの3列シート車が1000台の内訳。3列タイプはトヨタのハイブリッド車(HV)としては初めてリチウムイオン電池を搭載している。

2万5000台のうち同タイプの受注は7000台となっており、電池の供給力からも納車までに時間を要すことになる。毛利常務は「3列車のタイプによっては来年4月になる」との見通しを示した。

受注した顧客の保有車両はミニバンやセダンなど幅広い層になっているという。プリウスαは4月に発売の計画だったが東日本大震災の影響で、ほぼ1か月延期した。

当面は日米欧で販売することにしており、北米、欧州とも月2000台、グローバルで7000台の計画を打ち出している。

トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα